生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

トリートメントはハゲる可能性がある|頭皮に負担をかける成分が...

薄毛というものは元々治りにくいものです。

M字は特にそうなので長年お悩みになる方は多いです。

それでいろんなことを試したくなると思います。

例えばトリートメントはその代表例といえるでしょう。


シャンプー後に使う定番ヘアケアグッズということで
使っている方も多いと思います。

髪の痛みが気になるから使う人もいれば
なんとなく育毛にも良さそうだから
といった理由で使ってる人もいるかもしれません。


ここでまず確認しておきたいことは、
トリートメントは育毛とは全く関係ない代物です。

トリートメントの役割をあまり理解されてない方が
いまだにけっこうおられると思います。

その役割とは痛んだ髪を修復して
手触りや見た目をよくする、というものです。

へんな言い方をすると単なる飾りでしかありません。

いくらすでに伸びている部分を綺麗にしても
これから生えてくる髪に活力を与えることはできないので
育毛などできるはずがないのです。

それどころか逆に薄毛を悪化させる可能性だってあるのです。

これはコンディショナーにもいえることですが
毛髪補修グッズには陽イオン界面活性剤というものが含まれています。

それは吸着力が非常に強い性質がある成分で
タンパク質を壊す作用が強いといわれてるものです。

シャンプーによく使われる石油由来の合成界面活性剤より
害が強いと指摘する人もいるほどです。

痛みの修復やコーティングをするためには
当然成分を吸着させないといけませんので
必然的に髪にも肌にも悪い代物になってしまうのです。

もちろん安全性を徹底した良質なものもあります。

もし薄毛と平行してダメージヘア対策もしたいのなら
肌への刺激が少ないものを使うのは基本中の基本です。

一般的に頭皮につけないようにしてください
と言われるのは頭皮に余計な油分を残したり
浸透してしまう恐れもあるからです。

市販のトリートメントはよくテレビとかで
髪の奥深くまで浸透してダメージを修復などと宣伝してますよね。

それは頭皮につけると余計な成分まで
浸透する可能性が非常に高いことも意味してるんですね。


体に悪いということは細胞の機能を弱めることになります。

肌に無用な刺激を与え続けることで
下手すると敏感肌になってしまいます。

敏感とは刺激に弱いということなので
細菌やウィルスなどの外敵の影響を受けやすくなります。

そしてタンパク質の破壊が繰り返されると
肌はどんどん弾力性を失い血行を悪くすることにもなり
結果的に薄毛を後押しすることになります。

ということで極力育毛と関係ないものは
頭につけるべきではないんですね。

毛染めやパーマなどでダメージヘアが気になる
という方以外はトリートメントやコンディショナーは
使うべきではないですね。