生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

頭皮マッサージのやりすぎは逆効果|髪が生えなくなる恐れが出る

髪の毛は毛母細胞が分裂することで
どんどん上に伸びることができます。

その原動力の源は血液になります。

血液の役割は各臓器に栄養分と酸素を運ぶことです。

血流がよければ各組織は元気な状態を保つことができ、
健康的な体を維持することができます。

逆に血行が悪くなれば様々な場所に凝りが発生したり
冷たく感じたり免疫力などにも影響してきます。

現代人は後者の状況の真っ只中にあるといえます。

いろんな技術が発達したせいで
同じ姿勢でいる時間が多くなったり
ストレスが増える機会も増大してしまい
お世辞にも健康とはいえない人が多すぎます。

生活習慣病を患う人が急増しているのは
普段から血行が悪くなる生活をしてるからともいえます。

薄毛もある意味生活習慣病の一種です。

毛母細胞は造血細胞の次に分裂が盛んだといわれています。

つまりそれほどエネルギーの必要量が膨大なのです。

とうぜん血行が悪くなると発育に影響するんです。


それで誰がやり始めたかはわかりませんが
頭皮マッサージが勧められるのかも知れません。

マッサージは正しいやり方を行えば
筋肉をほぐしたりリンパの流れをよくすることにも繋がります。

頭皮を揉む行為は誰でも手軽に行えるので
それでここまで広まったのでしょう。

人間は楽することが大好きな生き物ですから
簡単にできる薄毛対策は願ってもない方法ともいえます。

しかしそこまでいっておいてなんですが
頭皮マッサージはそこまでしなくてもいいのです。

むしろシャンプーのときだけで十分です。

なぜかというと下手にやりすぎると
毛細血管を傷つける恐れがあるからです。

髪の毛と繋がっている血管は非常に繊細なものです。

もし血管が傷つけば栄養も酸素も
行き渡りづらくなるのは必至です。

そして余計なバイ菌を頭皮につけることにもなります。

手はいろんなものを触りますので
体の中で1,2を争うほど汚い部分です。

下手したら炎症を起こして抜け毛を増やしかねません。

また、物理的な刺激も増えることになるので
産毛や細毛が無駄に抜けてしまう可能性もあります。


ということでシャンプーのときに
軽く揉むような感じで十分なんですね。

あとは育毛剤をつけたあとに軽くやるくらいですね。

揉むことで多少血行はよくなると思いますが
それは一時的な効果にしか過ぎないですし
頭皮だけ血流を改善しても意味がありません。

体全体の血行を意識しないと
結局頭に行き渡る血も少なくなります。


⇒それを補助するのが育毛サプリの目的の1つになります