生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

市販シャンプーは抜け毛を増やしかねません●安全性は最悪です

あなたは薄げに悩んでいるのなら
毎日なんかしらの対策を講じてるのだと思います。

洗髪したり生活習慣に気をつけたり
サプリを飲んだり育毛剤をつけたり
今はいろんな対策が確立されているので
とてもありがたい時代になりましたね。

でもいつの時代にも落とし穴は潜んでいます。

そのひとつがシャンプーになります。

シャンプーはなんでもいいという人も中にはいますが
それはとんでもない主張となります。

シャンプーはただ髪と頭皮を洗うものではありません。

髪が生えやすい環境を作り出し、
それを維持するための役割があるのです。

しかし、ほとんどのシャンプーはそれが出来ておらず
逆に抜け毛を増やす原因を作り出しています。


いわゆる市販シャンプーは最悪の代物になります。

薬局をはじめスーパーやデパートなどに
リーズナブルな値段でたくさん売られていますよね。

安価で提供できるのはそれなりのわけがあるからです。

安い主な理由は洗浄剤となる界面活性剤の種類にあります。

よく石油系とか高級アルコール系とか言われますが
それは界面活性剤のことを指しています。

そういう人工的に作られたものを
合成界面活性剤といいますが、
石油・高級アルコール系は特に質が悪いです。

洗浄力が強いので台所洗剤としてはまだいいにしても
人間の体に本来はつけるものではありません。

皮脂を取りすぎることに繋がりますし
おまけにタンパク質変性作用もあるのです。

皮脂は頭皮のバリアですのでそれを取りすぎるということは
分泌量を逆に増やすことになりベタつきやフケ・炎症、
頭皮臭の温床となってしまいます。

タンパク質変性とは要は肌を痛めるという意味です。

肌が痛むと抵抗力が落ちて炎症がおきやすくなりますし
頭皮を硬くして育毛成分の浸透や血行を悪くします。

ラウレス硫酸ナトリウムなど硫酸とつく成分は
安く大量に作ることができるため
コスト重視の企業は安全を度外視して作り続けているのです。

(他にもスルホン酸という石油由来成分もよくありません)

たまにAESなどと略称で表記してるところもあります。
(AES=ラウレス硫酸ナトリウム)

表記は各企業の自由なのですごくややこしい部分です。

覚えておいて損はないですが無理に覚える必要もありません。

要は市販品のような安価なものは買わずに
頭皮環境や育毛のことをしっかり考えられたものを使うのが確実です。

あと言い忘れるところでしたが、
市販シャンプーは使い勝手を上げるために
香料や着色料も無駄に配合してるものが多いです。

そういう類の成分は育毛には全く必要ないですし
余計に増やすほど頭皮が荒れる可能性を増やすだけです。


当然しっかり作られたものの方が高価になりますが
髪には変えられませんし無駄に多く使わなければ
1本で1年ほど使うことも不可能ではないので
実際金銭的負担はそんなに高くならないものです。