生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

プエラリアミリフィカでホルモンバランスを整え育毛に拍車をかける

育毛成分と言われるもので
代表的なものの1つにイソフラボンがあります。

今ではものすごく有名な成分名となっているため
どんな特徴があるかはご存知の方は多いと思います。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと
分子構造がとても良く似ているため
それと同じ働きをするといわれています。

よって更年期障害の改善をはじめ
糖尿病や骨粗しょう症の改善にも役立つとされています。

更年期障害はホルモンバランスが崩れるということです。

つまり女性ホルモンの分泌量が減ることで起こる生活習慣病なので
イソフラボンである程度はカバーできるというわけです。

もちろん全員に絶大な効果が現れるわけではないですが、
イソフラボンは大豆などに含まれる植物由来の成分であり、
摂取することは健康増進に役立ちます。

男性は元々男性ホルモンが大多数を占めるので
女性ホルモンが優性になることはないですが、
DHTの過剰分泌を抑えるために役立ちます。

男性はDHTの視点からみて
ホルモンバランスを整えるのに有効なんですね。

そこで重要となるのは食べ物になります。

イソフラボンといったら大豆に含まれてることが有名です。

大豆イソフラボンとも言われるくらいですから
相当それで世の中に浸透してるのだと思います。

でもイソフラボンはマメ科の植物全般に
含まれてるフラボノイドの一種であり、
大豆の含有量が最も高いわけでありません。

おそらく最もイソフラボンが含まれているのは
プエラリアミリフィカという植物だと思われます。

なんと含有量は大豆の40倍です!

プエラリアミリフィカはタイとミャンマーにまたがる
山岳地帯に自生する豆類で
昔から現地の人の食糧となってきました。

それに注目して最近はサプリが出てきてますが、
本当なら安価で提供できる成分ではありません。

なぜなら自生している場所が場所なだけに
現地の治安も関係し大量に調達するのが難しいからです。

誰でも手が届きそうな安価で販売されてるものは
人工的に増量しているものだと思われます。

そういうものは質が悪くなっていると考えられるので
栄養価が少なくなっている可能性が高いです。

育毛成分のみならず体の健康に関する製品は
本来なら質が命のはずなのですが、
昨今は売ることが最大の目的へとシフトする企業が
増えている傾向が見られます。

それでは見もふたもあったものではありません。

いくら経済的でも効果がなければ
ただその会社に寄付してるようなものです。

当ブログで紹介する育毛サプリメントは
純度100%のプエラリアミリフィカを配合した
大変質の良いものとなっており、
そこらのサプリとは一線を画すものとなります。

もちろんプエラリアミリフィカだけでなく、
他の優れた成分も一緒に配合したタイプのものなので
AGA対策の基本から髪が生えやすい土台作りも可能です。


⇒特に生え際の後退を気にされてる方には重要となります