生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

ノコギリヤシだけで生え際の改善は難しい|考え方はプロペシアと同じ

ノコギリヤシは主にメキシコに自生している植物ですが
それが健康にいいことがいろいろわかってきたので
いまではかなり有名なものになっていますね。

育毛的にも良いことが近年わかったので
おそらく最も有名な育毛天然成分かと思われます。

ノコギリヤシが育毛にいいといわれる理由は
プロペシアと同じ効能があるとされているからです。

プロペシアの主成分であるフィナステリドには
5αリダクターゼという酵素の働きを弱める効果があります。

それによりテストステロンとの結びつきを阻止して
薄毛を促進させるジヒドロテストステロンの数を減らし
AGAの進行を根本的に予防するという仕組みです。

ノコギリヤシにも同じ5α還元酵素の働きを
弱める効能があることがわかったので
一気に注目度が急上昇したのです。

しかもノコギリヤシはフィナステリドではできない
1型の5αリダクターゼの働きも
弱めることができるといわれています。

5α還元酵素には1型と2型がありますが、
フィナステリドは2型しか抑制できないのに対し、
ノコギリヤシは両方を抑制できるのです。

しかし、医薬品と天然成分は比較すると
前者の方が効果が高いものなので
過度な期待はもたないほうがいいです。

生え際の髪を生やしたいとなるとなおさらそうですね。

その点はプロペシアと同じ考え方になります。

生え際、いわゆる前頭部は男性ホルモンの影響が強く
血行も非常に悪くなりやすく薄毛要因が集結している
とてつもなくやっかいな部分です。

ということでDHTの産生抑制はもちろんのこと、
血行をよくするため全身の健康を気遣い、
良質なシャンプーを使って頭皮環境の保全もしないといけず
それなりの努力が必要になってきます。

ノコギリヤシも全く無意味なものではないですが、
効果が限定的でしかも作用の仕方が薬より緩やかなので
効果を実感するにはだいぶ時間も要します。

ということでノコギリヤシだけで生え際の脱毛を改善し
おでこのラインを前進させることは基本的に
できないと思っておいたほうがいいです。

あくまでノコギリヤシは育毛対策の1つであり、
他の対策(成分)と組み合わせて
相乗効果を狙うものと認識しておいてください。

仮に医薬品並の強力な効果を有してるとしても、
男性ホルモンの抑制だけでは髪はなかなか増えないので
どちらにしろ単体では限界があります。

あと脱毛酵素(5αリダクターゼ)を抑制する
天然成分はノコギリヤシだけではないのはご存知でしょうか?

複数の酵素抑制成分を組み合わせたほうが
当然効果は高まるので1つの成分に固執しないほうがいいですね。

ノコギリヤシより優れていると判明した成分もあるので
ワンパターンではもったいないですね。


⇒その点に関してはこちの記事も参考に