生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

エルカンプーレの驚くべき効果|薄毛酵素の抑制だけじゃない

エルカンプーレという植物をご存知でしょうか?

南アメリカのアンデス山脈に自生する植物で
なんと標高が富士山クラス、しかも荒地で育つという
とてもたくましい植物です。

その植物がどうしたのかというと、
育毛のみならず健康的にとても優れているのです。

どういう経緯で知られたかわかりませんが、
ペルーでは昔から珍重されていたそうなので、
その情報がきっかけで研究の対象になったのかもしれません。

実際に人間への臨床実験も行われたそうで、
様々な健康効果があることがわかったのです。

おそらく一番有名なのは肥満解消効果だと思われます。

総コレステロール値や中性脂肪、
内臓脂肪を低下させる働きがあるので
正にメタボリックシンドローム予防・改善に関係します。

他にも血糖値や血圧の上昇を防いだり、
抗酸化・抗炎症作用・美白効果、痛風予防、
善玉菌の増殖効果も確認されたそうです。

血液の糖化は老化を促進し
育毛を大幅に遅らせるとても危険な要素であり、
炎症は細胞そのものを傷つけてしまいます。

そして腸内細菌のバランスを崩すと
免疫力が低下し健康上非常によろしくなく、
間接的に髪にも影響してしまいます。

エルカンプーレは現代人の乱れた健康状態を
改善へ導く優れた植物といえます。

先人の知恵というものは本当にありがたいものです。

そして注目は5αリダクターゼの抑制効果もあることです。

その酵素の名前はご存知の方も多いと思いますが、
男性型脱毛症の主原因DHTを作り出してしまう物質です。

5αリダクターゼの働きをいかに防ぐかが
育毛の成功を左右するといっても過言ではありません。

ただ近年徐々に明らかになってきましたが、
薄毛を治すためには脱毛酵素の抑制だけでは
不十分だということも忘れてはなりません。

DHTを減らす事が一番大事ではあるのですが、
他の要素を無視しては硬毛にはなりにくいのです。

その証拠に長年薬を飲んでるにも関わらず
いっこうにAGAが治らない方がけっこうおられます。

エルカンプーレも天然成分の1つであり、
全ての薄毛原因に対処できるわけではないですが、
健康体を作るうえでは非常に有用な武器となります。

体が健康でないと髪まで十分に
栄養素が送られないものなので
優れた効果を有する天然成分の摂取も
とても深い意味があります。

ただ残念ながらエルカンプーレは生えている場所の関係もあり
なかなか貴重な植物なゆえコストがかかる欠点があります。

そのためほとんどの育毛サプリには含まれてないんです。

エルカンプーレ単体では少々ありますが、
それだけでは薄毛対策的には不十分と考えられます。

できれば昨今よく目にする育毛成分が複数種類配合された
薄毛対策専用サプリに配合されてることが望ましいです。


⇒そんなサプリはこれしか見当たりません