生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

男性ホルモンを抑制するとっておきの成分|ノコギリヤシより強力

髪の細くなってきたりボリュームが減ったり
前髪の伸びが悪くなってくる薄毛症状は
ほとんどの場合男性ホルモンが原因となります。

男性ホルモンとはDHTと呼ばれる悪玉化したもので、
それが頭頂部と前頭部に限って髪に悪さをしだします。

よって男性型脱毛症を克服するためには
その悪性化したホルモンの量を減らす必要があります。

それこそが基本にして最も大事なことになります。

DHT=ジヒドロテストステロンの分泌量を減らすには、
基本的にはプロペシアなどに含まれる
フィナステリドという薬を服用することになります。

その薬は元々前立腺肥大症という病気の治療の為に
開発されたものですがAGAと原因物質が同じなため
育毛薬として世に浸透していきました。

今では薄毛でなくても知名度が高い薬となっています。

ところが前頭部の場合は特にそうですが、
フィナステリドだけでは十分な対策にはなりません。

人により効果に違いは出てきますが、
プロペシアなどを長年服用しているのに
改善の兆しすら見えないという方が多いのです。

それは男性ホルモンを十分に抑制しきれてないことが一因です。

薬は確かに効果が高いように作られていますが、
完全にDHTの生成を押さえ込めるわけではありません。

そのため他の成分も一緒に摂取することで
さらにホルモン抑制を押し進める必要があります。

サプリはそれを行う事が主な役目となるんですね。

栄養補助食品という位置づけなので
ビタミンやアミノ酸を補給するものという
イメージが強いかもしれません。

たしかにそれも間違いではないですが
AGA対策的には男性ホルモンの抑制が主な使用目的です。

しかし巷にある育毛サプリメントといわれるものは
ほとんど効果的にDHTの抑制ができないのです。

なぜなら成分が少ない上にワンパターンだからです。

男性ホルモンを抑える効能があると
昔から注目度が高い成分にノコギリヤシがあります。

おそらくそれが一番有名な天然成分かと思われますが
現状の製品はそればかりに頼っている傾向があります。

成分は同じでも人それぞれホルモン量は違いますし
体質的に効きやすい・効きにくいということもあるので
本当はいろんな成分を配合すべきなのです。

でもコストを安く済ますためか、
ノコギリヤシとか亜鉛とかが中心となっており
他の成分はさっぱり登場してきません。

せいぜいあってもフィーバーフューあたりです。

本気でAGA対策を意識したサプリを作るなら
最低限ノコギリヤシより強力な効果が認められたものを
配合すべきだと思います。

ですがあまりメジャーじゃないせいなのかわかりませんが
その成分はごく一部の製品にしか配合されていません。


本気で前頭部から髪を生やしたい・増やしたい・太くしたいなら…

⇒このくらい気合のいれたサプリでないとダメです