生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

前頭部は血行が最も悪い場所|髪が生えない大きな原因のひとつ!

育毛を進めるには血行の促進と言いますか
安定して髪に供給し続けることが重要になります。

たまに血行はあまり関係ないと言う人もいますが
それはとてつもなく大きな間違いです。

毛髪というのはどういうものなのか、
その点を考えるとなぜ間違いかがすぐわかります。

髪の毛は何で出来ているか、そう、タンパク質です。
さらに紐解くとアミノ酸で出来てます。

その栄養の塊は元々毛母細胞が角化したものです。
つまり水分を失い硬くなったものです。

髪の毛も元は細胞が分裂した組織の一部なのです。

細胞が分裂・増殖するために必須となるのは
栄養素や酸素などのエネルギー源です。

そのエネルギー源はどこから運ばれてくるか、
そう、血液ですね。

血流が悪くなるということは、
当然髪は栄養不足を起こしてしまい
十分な活動(分裂)を行えなくなります。

車が渋滞にはまると物資が運べなくなるのと同じです。

よって髪と血液は切っても切れない関係にあるので
関係ないという主張は論外となるのです。


なぜここまでくどくどご説明したかというと、
前頭部は血流がとても悪い箇所だからです。

よく頭のテッペンが一番上にあるから
重力的にも物理的にも血行が最も悪いといわれます。

たしかにそれも一理あると思いますが
実は前頭部は血管そのものが少なく
太さも他の部位と比べて劣るのです。

さらに目と近いこともあって
眼球疲労要因も重なりやすい悪条件があります。

現代人は機械に囲まれた生活をしています。

仕事先ではパソコンがあるのが当たり前となり
スマフォの普及率もどんどん増えていってます。

そして血液の流れだけでなく
質を低下させる要因がまわりにあふれています。

食べすぎ・飲みすぎ・パソコンやゲーム・テレビの見すぎ、
間食・ファーストフードの摂取・野菜不足・喫煙などなど
体に負担をかけることばかりしています。

そのような私生活を正さない限り
いくら頭を揉んだところで意味はありません。

不規則な生活は髪に送られる栄養を減らすことになり
いろんな対策をしても髪が生えないドツボにはまります。

最近はいろんな育毛対策が登場してきてますが
テクニックばかり追い求めていても
根本がなってなかったら何にもならないのです。

薄毛者全員が本気になって立ち上がっていたら
カツラメーカーや育毛・発毛を謳うサロンの類の業者は
とっくに潰れているはずなのです。

少し話が違う方向に行ってしまいましたが、
とにかく生え際を前進させたければ
血流促進が基本中の基本であると
脳みその記憶中枢に深く刻み込んでほしいと思います。