生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

ストレスも発毛を阻む大きな要素です!|慢性的な血行不良を起こす

いつからか毎年流行語大賞をとってるといっても
過言ではないほどよく叫ばれるようになった言葉が、
ストレスです。

下手な流行語よりよほど有名です。

なぜストレスという言葉がこれほど世の中に
知られるようになったのでしょうか。

それは数え切れないほどの病気に関わることが
いろいろわかってきたからです。

薄毛もその一つと考えられます。

代表的なのはうつ病などの心身症といわれるものですが
ストレスは他にもいろんな健康障害を引き起こします。

胃潰瘍になることは有名ですね。
あと腰痛にも深く関わっているといわれてます。

人間の脳はつらいことがあると
体のどこかを痛めつけて苦痛から逃れようとします。

まさに血で血を洗うという行為です。

腰痛だって未だに原因のほとんどは不明のままですが
おそらく大半は精神的な理由によるものだと思います。


ストレスはそれほど影響が強いものなのです。


では肝心の薄毛についてですが、
なんで髪とストレスが関係するのかと言うと
まず基本的な理由に血行の悪化があります。

ストレスを受けると自律神経の1つである
交感神経が働くようになります。

交感神経は起きている時(覚醒しているとき)に
活動する神経で血圧を上げる役割もあります。

つまりストレスを受けた状態が長くなると
血管が収縮する時間も長くなり
血行が必然的に悪くなるのです。

髪の毛は血液を通して育つものであり
前頭部は血流がとても悪い箇所なので
正に死活問題となるわけです。


また、ストレスは免疫力も下げてしまいます。

すると体は全体的に脆弱になり、
体の修復や防御に手一杯になり、
髪を増やすどころではなくなってしまいます。


あと睡眠にも影響してきます。

何か考え事をしていると眠れないですよね?

さらに嫌なことをあれこれ考えていると
体が疲れていても寝つきがとても悪くなります。

寝つきが悪いというのは睡眠時間を削ることと
ほぼ同じことになってしまい、
体が十分に休めないまま朝を迎えてしまいます。

睡眠は1日のうちに痛んだ細胞を修復したり
髪の成長を促すとても大事な時間です。

それを削ることは血行を悪くするのと
同じかそれ以上に発毛を妨げることになります。


ストレスをなめていると痛い目をみます。

体を労わらなければどんな育毛対策も無意味になります。

ということでストレスをなくすことは無理ですが
それを溜め込まないようにしたり真に受けたりしない
考え方を身に付ける必要があると思います。

例えば仕事がめんどくさいと思うのではなく
自分の成長に絶対に役立つはずである!

合わない人とは合うはずがないし
無理に付き合う必要もない、

などと柔軟な心を養ってほしいと思います。


それが毎日髪のことを考えて落ち込み
余計なストレスを発生させない方法の
1つだと考えられないでしょうか。