生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

抜け毛の根元は細いですか?はげる危険な予兆を察知しましょう

一般的に薄毛と言うとAGAの事を指します。

AGAは男性ホルモンの一種DHTにより
ヘアサイクルが狂ってしまう脱毛症です。

ヘアサイクルとは簡単にいうと髪の一生を表す周期のことです。

数年かけて伸びて数ヶ月かけて成長がとまり、
抜け毛となって新たな毛が生え始める、というものです。

それが少しずつ進行するのが男性型脱毛症というわけです。

何ヶ月とか何年とか長い年月をかけて
徐々に進行していくので最初のうちは
発症しているか少しわかりにくい特徴もあります。

よって禿げるかもしれない予兆を知っておいて損はないです。

まず一番わかりやすいのは抜け毛の量です。

一時的なら季節性によるものもあるので
さほど問題ではないですが時期を問わず
抜け毛が多いと感じるなら黄色信号といえます。

生え際から進行するタイプの方で現れやすいのは前髪の変化です。

髪型を気にする方は前髪をよくいじると思いますが
そのときよく抜け毛が発生してないでしょうか?

抜け毛が多いということは髪が伸びる期間が
短くなっている可能性が高いということです。

物理的な力により抜けてることも考えられますが
根がしっかりした髪はちっとやそっとでは抜けません。

髭を抜いている方ならよくわかられるかと思いますが
少し触って抜け落ちることはまずないですよね?


抜け毛はそんなに実感できないと言う場合も安心はできません。
他にもいろいろな前兆現象があるのです。


前髪を下ろすと隙間ができるでしょうか?

おでこの両サイドが目立ってきてないですか?

コシがなくなって髪が立てづらくなってませんか?


以前はありえなかったことが起きてるようなら
危機感をもっておいたほうがいいです。

AGAは進行性の脱毛症なので
楽観的になってるとあっという間に症状が進みます。


あと抜け毛の量にも個人差がありますので
一概に何本以上はまずいとは明言できません。

他に大きな手がかりになるとすれば抜け毛の太さや根元です。

正常のサイクルで抜けた髪は当然太くて長いものですが
異常なサイクルで抜けた髪は未発達なままです。

すなわち男性ホルモンの影響が中心となって
十分に細胞が分裂する前に抜けてしまっているのです。

ちなみにふつうの抜け毛は根元が丸みを帯びて白色をしてます。

異常なのは全く丸みがなく色が黒かったりします。

※色が黒いのは老廃物が体に溜まっている証拠です。


そのままの状態を放置していいことはまずありません。

これから生え際が完全に開拓されないための
対策をいろいろ紹介していくので
是非しっかり学んでほしいと思います。