生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

活性酸素が髪の毛に与える影響|抗酸化も大事な薄毛対策になります

人間というか生物のほとんどは
酸素がないといきていません。

酸素は細胞が活動するのに不可欠な気体であり
肺は新鮮な酸素を血中に取り込むための臓器になります。

しかし皮肉なことに酸素のごく一部は
身体に牙をむく存在へと変化してしまいます。

それが活性酸素です。

酸素がより活性化してるっぽいからいいのでは?
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが
それは大変な誤解になります。

活性酸素は逆に細胞を傷つけてしまうのです。

細胞にダメージが及ぶということは
体は正常な機能が果たせなくなることを意味し
いろんな病気を起こしやすくなります。

ちなみに活性酸素は体内に侵入した
ウィルスや細菌などの外敵を攻撃する性質もあるので
ある程度は必要なものではあります。

しかし、それが増えると逆効果になる、ということです。

近年は生活習慣病という言葉をよく耳にします。
そしてその低年齢化も問題視されていますね。

それは生活習慣がどの年代も悪くなっていることが
背景にあると考えられるのです。

この現状は髪にも大変よくないことです。

活性酸素が増える原因は日常生活に多く存在します。

無用な添加物だらけのインスタント食品や
ハンバーガーを代表とするファスト(ジャンク)フード、
タバコなど乱れた食生活が主な原因です。

あとがむしゃらに激しい運動をして
血行をよくしようとする方もおられると思いますが
それは酸素を無駄に多く取り込むことになり
活性酸素の量を増やしてしまうだけです。

体に負担が大きい運動は身体的・精神的ストレスにも影響し
育毛と逆行する行動になります。

睡眠不足もメラトニンというホルモンを減少させ
活性酸素を十分に除去できなくなります。


このように一般的に髪に悪いといわれることのほとんどに
活性酸素が絡んでいるのがお分かりいただけたと思います。

体の組織は全てが繋がっています。

毛包周辺に活性酸素の害が及ばなかったとしても
間接的に影響してくるのは必至です。

不規則な生活習慣を送っていると体の中には
活性酸素だけでなく老廃物や毒素が溜まっていき
その排泄や除去にばかり力を注がざるを得なくなります。

その工程で様々な栄養素が使われてしまうので
非常にもったいないことになるんですね。

サプリメントに代表される育毛グッズは
体のケアも念頭において作られてるものでもあります。

薄毛といったら男性ホルモンの抑制ばかり注目されがちです。

もちろんそれはAGA対策においてメインになることは
間違いないのですが抗酸化を意識しない理由にはなりません。


ということで育毛サプリと呼ばれるものは
DHTの抑制に加え強力な抗酸化力を持つ成分も配合すべきです。


当ブログでご紹介しているサプリメントには
AGA対策の枠を越えた優れた成分がたくさん配合されてます。

その中にはもちろん活性酸素に対抗する心強い味方もいます。