生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

タバコは髪に多大な悪影響を与える|育毛と関係ないはずがありません

どんな厳しい世の中になったとしても
タバコを吸う人は五万といます。

むしろ世の情勢が厳しくなるほど
つらいことから逃げたい衝動にかられて
喫煙を繰り返しているのかもしれません。

タバコは髪に計り知れない影響を及ぼすもので
育毛の最大の難敵といってもいい代物です。

育毛対策を続けるか・喫煙を繰り返すか
2つに1つといえるくらい悪影響がすごいものです。

なぜそんなに煙草は髪に悪いのか、
まずひどいのは血流を悪化させることです。

煙草に含まれるニコチンという成分は
神経に働きかけて血管を収縮させてしまい
全身の血行を悪くしてしまいます。

血流は髪の命ともいえる大切なものです。

それを遮断することは育毛を拒否するのと同義なのです。

血の流れだけでなく質も悪化します。

タバコには一酸化炭素も多く含んでますが
それは酸素よりヘモグロビンと結合力が強く
結果的に酸欠状態となります。

細胞は活動するのに酸素も絶対必要なので
髪の成長にも悪影響が出ると考えられます。


他にも抗酸化力に優れたビタミンCを破壊したり
全身の遺伝子を傷つけていたるところのガンリスクを上げたり
心臓病や脳の病気も引き起こしやすくなると言われており
あまりにもひどいとしか言いようがありません。

百害あって一利なしという諺に
これ以上合致するものはないのではないでしょうか。

重病を患うと髪どころの話ではなくなります。


でも喫煙者はこんないい訳をしがちです。

タバコを吸うとストレス解消になるから
一利くらいはあると思うよ、と。

しかしそれは大きな間違いなのです・・・

たしかに疲れた後の一服はなんらかの
リラックス効果があるのかもしれません。

ただ長く喫煙されてる方は依存性が強いので
吸いたいという衝動がほぼ1日中続くことになります。

いつなんどきも吸えるとは限らないので
我慢する時間が自然と増えてしまい
結果的に精神的ストレスを受ける時間が増えてしまうのです。


なぜここまで体に悪いものが未だに販売されているのか。

それは税金が絡んでいるためです。

ふつうに考えるとそんな健康的に悪いものは
即刻規制され麻薬並みに厳しく取り締まってもおかしくないはずです。

でもタバコは世界中で一大産業のひとつになっており
国は大きな収入源となっていることもあり
ある意味暗黙の了解という形になっているのです。

タバコの税収だけで年間兆レベルだったと思います。

最近警告表示が大きくなりましたが
あれは単なるパフォーマンスに過ぎません。

むしろ逆効果になってる恐れもあるのです。


話がだいぶずれてしまいましたが、
生え際の薄毛を治したいのなら特に禁煙は絶対です。

ただでさえ血行が悪いのにタバコで拍車をかけたら
何をしようと無駄に終わってしまいます。

※男性ホルモンも増えてしまいます

タバコにお金をかけるくらいなら
サプリなどにかけたほうが明らかに良いです。

質のいいサプリなら男性ホルモンの抑制だけでなく
体全体のメンテナンスも行えるので
とても理に叶った育毛法となります。