生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

目の酷使は髪の成長を妨げる|剃り込み部分がハゲる意外な原因

現代人の大きな特徴のひとつに
目を酷使しているということがあります。

テレビなどの電子製品がまだ全然普及してなかったころ、
目が疲れると悩む人は今より多くなかったと思います。

時代の流れと共にめずらしかったテレビも
今では一家に一台が当たり前となり
複数台あっても全く違和感がない状況です。

そしていつからかもっと目を疲れさせる
パソコンも怒涛の勢いで浸透していき、
何台もある家庭が多くなってきてると思います。

それにより情報を得やすくなったり
娯楽が増えたり仕事の能率が上がったり
いいことはいろいろあるのですが、
その代償として健康が危うくなっています。

ちょっと意外かも知れませんが
薄毛にも関係している可能性が高いのです。

目が疲れるということは目周辺の血行が
悪くなっていることを意味します。

ためしにこめかみやおでこを揉んでもらえれば
わかりますが痛みが生じないでしょうか?

または後頭部が凝ってる感じはないでしょうか?

違和感があるということは
その周辺組織や視神経が疲れてるサインであり
血流も悪くなっている証拠となります。


生え際の薄毛に悩んでいる方は
この点をしっかり気をつけてほしいと思います。

なぜなら目は前頭部と近い場所にあるからです。

前頭部は血管が細くて少ないので
ただでさえ血行が悪くなりやすい場所なのです。

それに加え目の疲れも加わることで
ますます血流障害に拍車をかけかねないのです。


あとパソコンは特にそうですが首や肩の凝りも誘発しますよね。

それに長時間やってるとストレスも溜まりがちです。

すると頭部全体の血流に影響してくるので
直るものも治らないというドツボにはまってしまいます。

最近はスマートフォンやタブレット端末も
次々と普及してきてるので髪への悪影響は増える一方です。

もちろんそれらの機械を使っちゃいけない
ということではないんですよ?

30~1時間ごとに席をたったりして
連続的に目を使い過ぎないようにすればいいんですね。

さきほど述べたコメカミやおでこ、
後頭部などの凝ってる部分を少しマッサージしてみたり、
肩や首を回してみたりですね。

ちょっとしたことですが、やるのとやらないのとでは
将来的に大きな差になると思います。

どんなに忙しくても大抵は小休止くらいできますよね。

娯楽だとついぶっとおしでやってしまいがちですが
髪を生やすことを改めて最優先事項と考えることで
少しは意識が違ってくると思います。

育毛剤などで血行促進を図ることもできますが
やはり基本中の基本となるのは私生活なんですね。


ちなみに血行を促進するには外側からの対策より
体の内側からの対策のほうが根本解決に繋がりやすいです。

つまりサプリメントがとても役に立ちます。

※ただし質がいいのが前提です。
成分の質が悪いと効力が落ちてしまうからです。


⇒超高品質な育毛サプリとは?