生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

帽子は薄毛を隠すのに便利だが悪化させる原因もはらんでいます

髪の毛が薄くなってきたら
ほとんどの方は隠したいと思うと思います。

そこで便利になるのが帽子ですね。

カツラや植毛だとお金がかかりすぎるし
なんか抵抗感があるから嫌だ、という方にとって
なくてはならないものだと思われます。

幸い薄い部分を側頭部や後頭部の髪で
カバーできるとしても外は風がありますので
やはり帽子はとても強力な味方になりますね。

ただ昔からよく言われているのは
帽子はハゲる原因になるのでは?という噂。

帽子をかぶると痒くなることがよくあるので
なんとなく髪に良くないと思われるかもしれません。

ただ帽子により薄毛になる可能性はほぼありえません。

たしかに帽子をかぶることにより
頭皮は蒸し風呂みたいな感じになるので
常在菌が繁殖しやすい環境になります。

でもその程度で毛根にまでダメージが及ぶことはないのです。

菌が増えることで炎症がおきやすくなりますが
炎症によって髪が抜けるというのは
脂漏性皮膚炎というよっぽどひどい状態に
ならないと起こりえないことです。

ということで他人に見られることが嫌ならば
積極的に活用してほしいとおもいます。

帽子を着用するといっても
1日中つけてることはまずないですし
気持ち悪くなったらその日にシャンプーすれば
全くもって問題にはならないです。

むしろ人に見られることのほうが問題です。


そして帽子は健康的にも必要なものになります。

まずさきほども申したとおり羞恥心を感じない
=ストレスを溜めないためにも重要ですし
紫外線を防ぐためにも役立つからです。

紫外線というのは意外と馬鹿にならないもので
単なる日焼けだけでなく遺伝子を傷つけることもわかってます。

紫外線はビタミンDの生成にも関わることなので
全く浴びないのも良くないのですが
必要以上に浴びることも危険だということです。

そして頭はただでさえ太陽光が当たりやすい場所であり
髪の毛で完全に遮断することなど不可能なので
帽子は外出時にあって全く損ではありません。

ちなみに紫外線は基本的に暑い時期が多くなりますが
冬でも地上に余裕で届いてます。


注意点は自分のサイズにあった帽子を選び
きつくならないよう調節しておきましょう。

そんなの当たり前ジャンと思うかもしれませんが
風で飛ばされないようきつくかぶってる人も
いる可能性があります。

すると血管を締め付けることになり
血行が悪くなりがちになってしまいます。

M字付近はすごく圧迫されるので特に注意が必要です。

ということで何時間もキツキツの小さい帽子を
かぶり続けることはダメなのですが
帽子は必要なものであると認識しておきましょう。