生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

前頭部と頭頂部の薄毛を併発している時も治し方は基本的に同じです

AGAは3パターンの禿げ方がありますが
最悪なのは前頭部と頭頂部の両方から進行するもの。

m字を隠そうにも天頂の髪が伸びないから無理ですし、
おでこが広くなるだけより印象がさらに変わってしまい
ものすごく老けて見られるようになります…

あなたがもしそんな状態ならば
相当薄げになりやすい体質を受け継いでる可能性が高いです。

つまり男性ホルモンの影響を受けやすい
遺伝情報を受け継いでしまったということです。

男性ホルモンは主に前頭部に働くとされてますが
頭頂部にも人によっては広く分布してると考えられます。

なぜかというと人によって差がありすぎるからです。

一般的に不摂生は健康的に悪いことですので
間接的にジワジワと髪にも影響を及ぼします。

ところが不規則な生活を続けているのに
禿げる人と禿げない人がいますよね。

10代や20代から薄くなりだす人もいれば
70代になってもフサフサな人もいます。

ということで若いうちに両部位から
AGAが進行すると言うことはかなり深刻な状況といえます。


でも対策としては基本的にはどうやって進行しようと同じです。

頭頂部・もしくは前頭部専用の対策ってのはなく
どちらも同じ対策を進めていくことになります。

対策が違うのかと思ってしまう背景には
治りにくさがあるのではないと思います。

前頭部は男性ホルモンの影響がより強い場所であり、
なおかつ血流がてっぺんより悪いので
それほど治すのに時間を要するのです。

頭頂部だって時間がかからないわけではないですが、
前頭部に比べると回復は早くなります。

頭頂部は髪が増えてきた感じはするが
生え際は全然変化が見られない場合は地味に多いのです。


ということでM字などの前頭部の薄毛はより辛抱が必要になりますね。


その期間を少しでも短縮するためにサプリがあります。

先ほど申したとおり、
生え際の髪は男性ホルモンの影響を最も強く受けるので
その抑制が絶対的に必要になります。

プロペシアは理論的にどの部位にも効きますが
効能がDHTの数を減らすことに限られるうえ、
それだけでは十分にホルモンを抑制できないので
AGA対策としては不十分すぎます。

それだと頭頂部の回復ですら難しくなります。

難易度が比較的低いてっぺんハゲが治せないのなら
おでこの後退を食い止めることは不可能です。

DHTの影響が強いってことは
それほど毛根組織が弱まってしまってるので、
同時に細胞を活性化させることも大切です。

この点すごく重要です。

つまり薄毛を逸早く治したいのなら
男性ホルモン抑制だけでは話にならないんですね。

いえ、むしろそれだけだといつまでたっても
回復できない可能性の方が高いです。

髪は男性ホルモンのあるなしだけでなく
いろいろな要素が絡み合って成り立ってるものです。

薬はごく一部の対策しかできないので不十分なんです。

サプリを選ぶポイントはAGA対策の基本である
DHTの抑制がしっかりできることと、
総合的な体内ケアができることになります。


体内ケアはまあまあ出来てそうなものは散見できますが
肝心のdht抑制は十分にできてないものが多いです。


⇒むしろこれ以外はちゃんと出来てないかもしれません