生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

前頭部の薄毛にプロペシアは効くのか|無意味ではありません

同じ男性型脱毛でもとりわけ治すのが難しいのが
前頭部からハゲあがるタイプです。

なぜかというと遺伝的な影響が強い場所だからです。

つまり男性ホルモンが最も悪さをする箇所なのです。


男性ホルモンのジヒドロテストステロン(dht)は
薄毛を促進するタンパク質を作り出してしまいます。

dhtは5α還元酵素により作られますが
より強力な酵素である2型が存在する場所が、
前頭部(M字)なのです。

AGAの治療には2型5アルファ還元酵素の
抑制が絶対的に必要になります。

それが可能なのがプロペシアなどに配合される
フィナステリドという医薬品です。

それは2型5αリダクターゼのみの働きを
抑制する働きがあるので非常に画期的だといわれてます。

一見すると前頭部の薄げに最も効果的に思えますが
世の中はそううまく事は運ばないものです…


プロペシアを飲んでも生え際が前進するどころか
後退・もしくは現状維持程度しかできない、
という声が非常に多いんですね。

プロペシアには確かに酵素の抑制作用があるため
飲んでも無意味ということはありません。

しかし、前頭部は先ほど申したとおり
男性ホルモンの影響が最も強い箇所なので
プロペシアだけでは太刀打ちできないのです。

そのため、他の方法もプラスして
DHTを抑制しないと追いつかないんです。

その方法とはあなたもご存知サプリメントです。

サプリは医薬品より効能がゆるやかですが
その分副作用のリスクがなくいろんな成分を
複数摂取できる特長があります。

漢方の世界では当たり前なのですが
いろいろな成分を平行して摂取したほうが
相乗効果で効き目が強力になっていきます。

天然成分というものは基本的に
そういうものだと思っておいてOKです。

そして人によって個々の成分が効きやすい、
効きにくいという要素もあるので
複数の成分を摂取することは大きな意味があるのです。


結局は医薬品という風潮が現代にはありますが
薬だけでは解決できない問題も多々存在します。

そこにサプリを飲む大きな意味合いが込められています。

前頭部の頭皮は硬くなったり突っ張ったりして
血行が悪くなりやすいという要因も絡んでるので
DHTを抑制するだけでは髪が生えにくいです。

そこでサプリをプラスすることで
血行を良くするだけでなく血液の質そのものをあげ
髪の毛にしっかり栄養を補給することができます。

育毛は体の内側からの対策が肝となるので
なんでもかんでも薬に頼っていたらダメなんですね。

ミノキシジルも前頭部に効かないとよく効かれますが
それも全く無意味ではないんです。

でも体内ケアも同時に行っていかないと
生えるものも生えないんですよ…

もちろんサプリも飲めば万事解決ってことでもないですが
私生活がやむを得なく乱れた状態になってるとしても
育毛をサポートしてくれるものでもあるので、
あなたの強い味方になるってわけですね。

ではどんなサプリがいいのかですが、
当然のことながら質がよくないと話になりません。

そしてDHT抑制成分がワンパターンでない事も重要です。


⇒その点がサプリ選びの最大のキーポイントになります