生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

同じ若はげでも生え際が後退するタイプはかなり深刻な体質です

主に10代~20代で薄毛になる人は
若ハゲを呼ばれることがあります。

人によっては30代でも若はげと思う人もいますが
どちらかというと20代以内を指す事が多いようです。

でも本来薄毛は40代を過ぎたあたりから
少しずつ現れる生理現象みたいなものなので
当ブログでは30代でも若禿げと定義します。


さて、本当ならおっさんやおばさんといわれる
年代以降に現れるはずの脱毛症が、
なんでそんなに若いうちから発症してしまうのか。

それは薄げにやりやすい遺伝情報を
受け継いでしまっているからです。

遺伝情報とは男性ホルモンの影響を
受けやすい体質のことを言います。

他にもなんらかの病気で
髪が抜け落ちることもありますが、
ほとんどの場合は男性ホルモンによるものです。

人によって男性ホルモンの一種であるDHTが
作られる量や作用を発揮する度合いが違うんですね。

それは生まれてみるまでわからないことなのですが、
運悪くその遺伝子を受け継いでしまったら、
どんなに健康的な生活を心がけたとしても…
AGAの進行は止められないのです。

生え際が後退するタイプの人は特に注意が必要です。

男性型脱毛をより強力に押し進めるのは
2型の5α(アルファ)リダクターゼという酵素で
作られたDHTになります。

2型の還元酵素はテストステロンと結合することで
DHTを作り出すのですが、
頭部では前頭部を中心に存在してるんですね。

頭頂部より男性ホルモンの影響が強いので、
M字ハゲはてっぺんハゲより治りにくいのです。

この点は若い若くないに限らず同じことです。

前頭部は血流が悪い事も大きな特徴ですが、
なんといっても男性ホルモンを抑制することが
最大のミッションとなります。


ちなみに自分がどんな遺伝情報をもってるかは
専門病院などで調べることもできるのですが、
それはただ知ることになるだけなので
効果的な対策にはあまり結びつきません。

遺伝情報は一生変わらないものですし、
生え際が後退するのはAGAの症状だと
はっきり判明しているのでわざわざ調べる必要はないのです。

もちろんお知りになりたいなら
検査を受けてもいいのですが保険が効かないので
軽く万単位のお金を搾り取られてしまいますよ…

そんなお金があるなら1円でも多く
対策費用に充填したほうがいいと思います。


もちろん生活習慣を疎かにしてはいけません。

男性ホルモンの抑制は必須事項ではありますが
もしそれを十分に行う事ができたとしても、
私生活の送り方で髪の生え方が全然違ってくるからです。

それを行った上でサプリを服用することが、
薄毛を逸早く直し、理想的な予防法にも繋がります。

定番の対策としては薬を使うことですが
それだけだとDHTの抑制作用が十分ではなく
健康を増進することができません。

サプリはその欠点を補うものでもあるんです。

ではどんなサプリがいいのかというと、
当然最重要なのはDHTの抑制作用があるかどうかですが、
ほとんどの育毛サプリメントと名のつくものは
ワンパターンな成分しか配合されてません。

ノコギリヤシとイソフラボンと亜鉛くらいなので
それではAGA対策としては不十分です。


⇒本当の生え際のAGA対策サプリはこういうものをいいます