生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

本当にm字ハゲは治るのか|髪を生やす為に必要な3つのポイント

多くの男性が発症するAGAは
改善するのにとても時間がかかるものなので
やることはシンプルでも簡単ではありません。

特に問題なのは前頭部が薄くなるタイプです。

いわゆるおでこ・M字の生え際が後退してしまい、
強制的に江戸時代のヘアスタイルに近づいていきます。

下手に髪を伸ばしてカモフラージュしようとすると
最悪落ち武者みたいになってしまいます…

本当に問題なのは見た目ではなく
その治りづらさにあります。

agaは頭頂部も薄くなる特徴がありますが
生え際よりは治りやすいメリットがあります。

そのためテッペンとおでこの改善スピードに
差が出てしまい、つむじ付近は少しよくなったが
おでこは全然治る気配がない場合があります。

中には対策してるはずなのに
後退が止まらないと悩む方もいます。

それで本当にm字は治るのかと
不安とあせりを覚える方も少なくないと思います。


今回はM字を治すための
3つの原則となるポイントについてお伝えします。

・ポイント1:生活習慣の改善

この点はM字に限らず薄毛を治すための
大原則といってもいいことになります。

タバコ・酒の飲みすぎ・食べすぎ・夜更かし
運動不足・ストレスなどは間接的に髪に悪影響を及ぼします。

髪にいいことを取り入れることも大切ですが、
生活習慣の改善はどちらかというと
髪に悪いことをしないという意味合いの方が強いです。

それほど現代社会は髪に悪い要素が
てんこ盛り状態だからです。

中でも食事はものすごく重要なので
特に甘いものや炭水化物の食べすぎにはご用心。


・ポイント2:ミノキシジルを塗布する

薄げになるということは髪の細胞活動が
衰えていることを意味します。

そのためミノキシジルを塗布して
細胞を活性化させてあげないといけません。

ミノキシジルはAGAの直接的な原因を
排除する能力はないので使わないと
絶対なおらないってことではないですが
1日でも早く治したいなら使用したほうがいいですね。

※血流を上げる性質があるので
心臓病を抱えている人は使えません。


・ポイント3:DHTの抑制

これがM字を治す最大のポイントになります。

DHTとはジヒドロテストステロンの略で
男性型脱毛症を引き起こす主原因物質です。

それを抑制しないことには
他にどんな対策を講じようと
髪が生えない可能性が高くなります。

抑制の鍵を握るのはサプリメントになります。

フィナステリドの使用が一般的ですが
それだけだと十分にDHTを抑制することができません。

特に前頭部は活性型男性ホルモンの影響を
色濃く受けるやっかいな特徴があるのです。

そのためサプリも駆使して徹底的に
dhtを抑制する必要があるんです。


栄養分の補給も大事ではあるのですが、
AGAは男性ホルモンを阻害しないと始まらないので
サプリもその効能を中心としたものが理想ですね。

でも残念ながらAGA対策に理想的な作りとなっている
育毛サプリはほとんどないのが現状です。

理由はそれほど原料の調達が難しいからです。

難しいということは価格が高くなるので
ほとんどの企業は比較的安価で手に入る
一般的な成分しか配合しないのです。

リバイブヘアーexというサプリはその常識を打ち破った唯一の製品です。


⇒その非常識なサプリの紹介文はトップ記事にて