生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

ミノキシジルを塗っても前髪が復活しにくい根本的な理由とは?

ミノキシジルもフィナステリドと同じくらい
今では超有名になった医薬品です。

フィナステリドはプロペシアなどの有効成分ですが
それだと男性ホルモンの生成抑制しかできないので
弱った髪を元通りにするには時間がかかります。

一見原因物質を取り去ることで
自動的に問題が解決に向かうように感じるかもしれませんが、
そう簡単にいかないのが世の常というもの。

髪は男性ホルモンの影響を受けると
発育パワーが弱まっていますので、
軟毛化の原因を排除するだけでは
成長(育毛)がなかなか進まないのです。


例えば何らかの害虫や細菌が
植物の根っこを食べたり腐らせたりしたとします。

とりあえず害虫などを駆除することで
それ以上、根が弱らないようにすることができます。

しかし、それだけでは本来の根っこには戻りませんよね?

時間をかければ戻っていくと思いますが
外敵の駆逐だけだと非常に効率が悪いです。

それから栄養促進剤などでケアすることで
より早く元通りにすることができるのです。

髪で言うと害虫はDHT(悪玉男性ホルモン)、
栄養促進剤はミノキシジルのことを指します。

そのふたつが組み合わさることで
効率的に髪を増やすことができるってわけです。


しかし、前髪の場合はそう簡単にはいきません。

前頭部は血行が特に悪くなりやすい場所でもあります。

といっても…おでこばかり揉み解してればいい、
というわけではありません。

血行は全身をケアしてはじめて良くなるのです。

だから生活習慣の改善が絶対的に必要になるんです。

特に多いのが運動不足と食生活の乱れです。

運動と言っても20~30分くらい
散歩するだけでもいいのですが、
それすらやってない人が大半です。

また、入浴はシャワーだけで済ます人もいますが
それでは体が十分に温まらないですし
免疫力も全然向上しません。

食事を作らず加工食品ばかりに頼っていると
体は常に添加物の処理に追われてしまい
血液の質を低下させることにも繋がります。

そうなるといくら血行を良くしてもあまり意味がありません。

薬を使っても髪が全然伸びないという方は
生活習慣が疎かになっている可能性大です。

海外製品には性能がいいミノキシジル系育毛剤がありますが
それでも生活習慣の改善・見直しは必須です。


それに加え前頭部は男性ホルモンの影響が強いので
ちっとやそっとの対策では歯が立たないのです。

前髪の退化は薄毛の中でもかなり深刻な部類に入るため
より気合をいれて対策しないといけません。

そこで役に立つのがサプリメントになります。

フィナステリドだけではまかないきれない
男性ホルモンの抑制作用とプラスして
ホルモンバランスの安定化や抗酸化、血流促進など
体の総合ケアを行う事ができるんですね。

薬では出来ないことだらけなので
それを補う意味でサプリメントはとても役に立ちます。


⇒ポイントは徹底的なDHT抑制です