生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

頭皮の皮脂分泌量が多い3つの原因|薄毛の人はとくに脂っぽい

洗っても洗っても頭皮がすぐベタついてしまい、
気持ち悪い毎日を送っているという方は
ちょっと言い方があれですが異常な状態といえます。

正常なら汗でもかかないかぎり
頭に不快感を覚えることが一切ないからです。

不快感を覚えるということは
それだけ皮脂が余計に分泌されている可能性が高いです。

なんで皮脂が多く出てきてしまうのか、
その原因は大きく分けて3つあります。


・食生活の悪さ

まず最も基本的なところからお話します。

皮脂というのは文字通りアブラです。

普段から油っこいものばかり食べていたら
当然皮脂の絶対量は増加してしまいます。

てことで太っている人の頭皮は
大変べたついている可能性が高いです。

肥満は皮脂に限らず様々な病気の温床であり
薄毛にも大きく関係するので
食べすぎはくれぐれもご注意ください。


・使っているシャンプーの種類と洗う頻度

シャンプーも皮脂を増やす大きな原因になります。

質の悪いシャンプーは洗浄力が無駄に強いため
皮脂を洗い流しすぎになってしまいます。

皮脂は頭皮のバリアでもあるので
ある程度は必要なものになります。

そのため取り除きすぎると
かえって体が危険と判断してしまい
不足を補おうとして分泌過多になります。

質の悪いシャンプーとは
市販されている安価なものが代表例です。

シャンプーは洗浄剤ですので
洗浄成分が必ず入っているものですが、
その洗浄成分に問題があるんですね。

ラウレス硫酸ナトリウムに代表される
硫酸とついたものは車の洗浄剤や
台所用洗剤にも使われる代物です。

それほど洗浄力が強い成分なんです。

しかも頭皮と髪に刺激が強いので
肌荒れや炎症の原因にもなりえます。

ですから適度な洗浄力で低刺激な
アミノ酸系シャンプーを使うのが推奨されるんですね。

しかし洗い方を間違えると本末転倒です。

1日に洗う回数は原則的に1回までです。
時間は汚れがたまっている夜がよいです。

日に何度も洗う人をみかけますが
それは明らかに洗いすぎなので注意しましょう。


・DHT

この原因が最もやっかいになります。

DHTは活性型とか悪玉とかいわれる男性ホルモンの一種で
男性型脱毛症を引き起こすことで有名な物質です。

毛母細胞の活動を抑制してヘアサイクルをおかしくし
徐々に薄毛を進行させる悪性があるのですが、
実は皮脂の分泌を促進する性質もあるのです。

AGAで悩む人の多くが脂っぽい頭皮になってるのは
そのためだと考えられます。

上記2つの原因を意識することも大事ですが
薄毛対策にも繋がるDHT抑制が最も大事なポイントになります。

悪性男性ホルモンを阻害しないことには
ベタつきやかゆみ・フケどころの話ではなくなるので
そこは最重要対策となります。



でもプロペシアなどの薬を飲んでいるだけでは
十分に男性ホルモン対策はできません。

たしかに効能は認められてはいるのですが、
それで全て抑制できるわけではないんですね。

あとDHTを抑制するだけでは
健康体をつくりあげることにはならないので
総合的なケアが必要になります。

もしあなたが薄げに悩んでいるのなら
その点はものすごく重要なポイントになります。

皮脂の分泌過多は確かに好ましくはありませんが
それが薄毛の主原因ではないので
根本的な対策をしていく必要があるわけです。

でもそれがなかなか難しい方も多いので
サプリメントという補助アイテムがあるんですね。

サプリを選ぶポイントはまず第一に
男性ホルモンの抑制がしっかりできること、
そして血行促進や栄養成分の質が高いことです。


⇒具体的な製品名はこれになります