生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

でこが広くなった主原因をご存知?|生え際に猛威を振るうAGA

日々何気なく生活していて、
いつものように鏡を見ながら髪型を整えていると、
なんだかでこが広くなったと思ったことはないですか?

気のせいだと自分に言い聞かせるも
日に日に生え際が後退してきて
あせりを感じてないでしょうか?

あんまりあせりすぎるのもよくないですが
あせらなすぎるのはもっと問題です。

なぜなら現実から目を背けていたら
とりかえしのつかないことになりかねないからです。

おでこの面積が広がってきたということは、
あなたはAGAを発症した可能性がとても高いです。

少しおさらいしますと、
AGAは男性型脱毛症という列記とした
脱毛症の一種になります。

絶対に必要である髪が細く短くなるという
理不尽極まりない生態現象です。

薄毛というものは本来年をとってから
徐々に現れてくるものです。

しかし、AGAの場合はあまり年齢に関係なく
発現するやっかいな脱毛症なのです。

脱毛症というと他にも円形脱毛症や
フケや炎症によるものもあるのですが、
発症する人数ではagaが圧倒的です。


その名の通り、男性ホルモンが原因で起こります。

男性ホルモンはDHTという種類のもので
前頭部と頭頂部には薄毛を促進させるような
仕組みが備わってしまっています。

なぜ人間の進化の過程でそうなったのかは不明ですが
どういった仕組みでAGAが起こるのかはわかってます。

前頭部、つまりM字を含むおでこの生え際や
てっぺんから後頭部・側頭部の上の方は
DHTが髪の成長を抑制してしまうのです。

抜け毛を見るとわかりますが
髪の根っこは少し丸くなっていますよね?

その部分に毛乳頭細胞という髪の発育に
とても重要な細胞が詰まっています。

髪の毛に進化する毛母細胞に分裂を促すよう
命令をだすとても大切な器官なんですね。

でもそれと同時に毛乳頭細胞内には
テストステロンと言う男性ホルモンをDHTに変えてしまう
5αリダクターゼという酵素が存在します。

そしてDHTの髪に悪い作用を発揮させる
男性ホルモン受容体という組織も存在します。

それらの影響が重なってハゲあがっていくというわけです。

特に前頭部はDHTの影響が最も強い性質があります。


そして何よりやっかいなのが進行性と言う特性です。

つまり放っておいても怪我と違って
治るどころかドンドン進行してしまうんです…

目を背けるとロクナコトにならないといった理由は
その特性があるからなんですよ。

あとAGAは進行度が増すほど治りにくくもなります。
特に前頭部は遺伝の影響が強いとも言われるので
なおさら早めに対処したほうがいいのです。

他の病気や怪我と一緒なのは、
早く対策を講じるほど治りやすいということです。

対策のコツというか絶対なのは
男性ホルモン(DHT)の徹底的な抑制です。

プロペシアやフィンペシアを飲んでる方も
多いと思いますがそれだけでは不十分なので
サプリでもっと抑制したほうが回復は早くなります。


おでこが後退しているあなたには特に重要なことになります。