生え際の後退を止める根本対策 20代の内にハゲを治す秘訣

生え際の後退はAGAの典型的な例でふつうの対策では治すのは困難です。 たとえ20代という若い内でも遺伝的な要素が強いので薬を使っても治せるかはどうかは わからないのが現状です。それなら確実性が高い方法を早い内にやっておいたほうが 色んな意味で良いと思います。植毛は最初は高くつきますが長い目で見ると そっちのほうが断然有利だということなどをお伝えしていきます。

薄毛のdnaを受け継ぐと?|父親がハゲてても関係ありません

近年薄毛というのはその情報を持ったdnaが
遺伝することで起こることがわかってきました。

AGAをはじめ重度の円形脱毛症も
遺伝の影響が強いと考えられています。

えーじーえー、いわゆる男性型脱毛症は
男性ホルモンが原因で起こる脱毛症です。

男性ホルモンは誰でも持ってるものですが
それの影響を強く受けるか受けないかは
遺伝子の配列によって決まっているのです。

検査してもらうことで自分がどのくらいの
危険度を持っているのかがある程度は知ることができます。

正確にはわからない部分もありますが
おおよそ若いうちからハゲそうだ、とか
ツルツルになるほどハゲそうなどがわかります。

よく親や祖父母の見た目で判断してる人もいますが
それだけで薄くなるかはわかりません。

家族が誰もハゲてないのに自分だけ…
という場合もあるのでしっかり検査しないと
どうなっているかはわからないのです。

ですから周りがハゲているか
自分も将来あぁなると決まったわけではありません。

ちなみに検査は専門病院にいくか
検査キットを取り寄せることで行う事ができますが、
それは興味がある方だけにしたほうがいいです。

なぜなら検査はあくまで検査だけなので
それ以上のことは無理だからです。

つまり遺伝情報を変えることはできないのです。

ということで、あなたが20代とか30代とか
若いうちから頭頂部や前頭部が薄くなってきたとしたら
AGA遺伝を受けついてる可能性は高いといえます。

しかし、遺伝は一生変わらないものなので
そこを気にしても全く意味がないのです。

いえ、むしろストレスになるだけなのでマイナスです。

大事になるのは一刻も早く薄毛の原因を減らしつつ
体のコンディションを髪が生えやすい状態に持っていくことです。

薄毛の原因とは、ご存知男性ホルモンのDHTですね。

でもプロペシアに頼っているだけでは
髪が生えやすい体内環境を整えることができないので
プラスαが必要になってきます。

そう、サプリメントです。

サプリがないと絶対に治らないわけではないですが
若いうちから脱毛が進行してしまっているあなたは
そうとう男性ホルモンの影響が強い体質です。

ですから薬だけでは対処しきれないので
サプリでさらに追い討ちをかける必要があるのです。

また、若いうちは1日でも早く髪を生やしたい!
という想いも強いと思うのでそういう意味でも
サプリを飲むことは大事になりますね。

選ぶ際に最も重要になるのは
DHT(ジヒドロテストステロン)をいかに抑制するか、
それが中心となったものであること。

ホルモンの生成遮断が十分にできないと
他の成分を生かしきることが叶わないからです。

巷に散乱する育毛サプリは髪にいい成分を
とりあえず入れとけみたいな作りになっており、
AGA対策がしっかりできていません。


⇒基本を忠実に守ったサプリはこれしか存在しません